検便検査

検便検査について

営業者、従業員の皆さんの健康管理のため、また、「不顕性感染者(食中毒を起こす細菌、ウイルスをお腹の中に持っていても症状が現れない者)」がいないかを知るためには、検便は欠かせません。

食中毒の重大な原因の一つに「不顕性感染者」が挙げられています。定期的に検便検査を行い、検便検査の結果、食中毒の原因となる微生物が見つかった場合は直ちに医療機関に相談しましょう!

検便検査の流れ

1.申込

申込用紙に必要事項を記入し、郵送またはFAX、もしくは直接各地区事務所へ、お申し込みください。

詳細については各地区事務所へお問い合わせください。

※名簿・提出袋を作成しますので、申込締切後は受付できません。

2.容器受取・手数料支払

各地区事務所で検査手数料をお支払ください。提出袋・検査容器をお渡しします。

3.提出

提出袋に入れて、お名前・封・検体数をご確認の上、時間厳守で各地区事務所へお持ちください。

※実施日以外での検体の回収はお受けできません。

※細菌検査は、2?3日前に採取した便でも検査可能です。(冷暗所で保管)

※ノロウイルス検査はウイルス検査の為、当日の便(24時間以内)に限ります。前日に採取した場合は、提出する直前まで冷凍保存して下さい。

4.検査結果

提出から約2週間後、申込者住所へ郵送致します。

※陽性反応があった場合は、随時ご連絡いたします。

○未提出の方への検査手数料の払戻しはできませんので、必ず受検下さい。

○検査を受けられる方の変更は可能です。(人数の変更はできません)

料金(1検体)

赤痢・サルモネラ・
腸管出血性大腸菌のベロ毒素産生性

会員
   700円
一般
  1,000円

ノロウイルス

会員
  3,000円
一般
  4,000円

日程・申込用紙ダウンロード

ページ先頭へ