普及啓発について

「手洗いマイスター」って、どんな人?

食品衛生の基本は「手洗い」と言われています。手洗いが不十分で、不衛生な手指が原因で多くの食中毒が起こっています。

そのような中、食品衛生指導員の中から「正しい(衛生的な)手洗い」の知識、実技を身に付けた方々を(公社)日本食品衛生協会が「手洗いマイスター」として認定し、「正しい(衛生的な)手洗い」を広めるため、各地区で活躍しています。

食品衛生教室

食品衛生協会では、食品の安全は、どのように確保されているか、その確認方法はどのようなものか、従業員の健康管理はどうしているかなど、消費者の方々に製造現場を実際に見てもらうため、食品衛生教室を開催しています。

※開催が決まりましたら、「インフォメーション」にてお知らせいたします。

出前講座ってなに?

食品取扱施設、学校、幼稚園・保育所、自治会など、食品衛生に関する講習会のご要望があれば、講師を派遣(出前)する事業を行っています。

当協会会員であれば、無料で行います。旅費交通費につきましては、当協会の規定により、ご負担いただきます。まずは、ご相談ください。

ノロウイルス食中毒予防講習会

(公社)日本食品衛生協会では、毎年11月から翌年1月末までを「ノロウイルス食中毒予防強化月間」として、各地区で講習会等を開催しています。

手指の洗い残し、嘔吐物の正しい処理方法などを、DVDや器具類を使って、目で見えるようにご紹介します。

※開催が決まりましたら、「インフォメーション」にてお知らせいたします。

キャンペーン

香川県、高松市など、県下自治体が主催の催し物(かがわ介護フェア、みとよ健康まつりなど)に出展し、食品衛生に関する情報提供(手洗いチェック、パネル展示など)を行っています。

※開催が決まりましたら、「インフォメーション」にてお知らせいたします。

食協だより

食品衛生に関する情報や当協会の事業についてお知らせするため、年に1度(6月または7月)に機関誌を発行しています。

食品衛生関係DVD

食品衛生に関する各種DVDの貸し出し、斡旋を行っています。

お申込みは各地区事務所まで

食品衛生関係図書

食品衛生に関する図書の斡旋を行っています。

ページ先頭へ